• 東京都市大学
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 都市大グループ

研究室

材料力学研究室

研究室トップ
内燃機関工学研究室 機械力学研究室
材料力学研究室 流体工学研究室
機械材料研究室 表面加工研究室
特設:中高生・受験生向け「卒業研究ピックアップ」
東京都市大学公式サイト | 研究室ガイド

研究室の特色

  • 構造材料の力学特性の解明
  • 地球環境にやさしい構造材料の開発
  • どの分野のエンジニアになっても
    必ず役立つ研究ができる

メンバー紹介

教 授 大塚 年久
准教授 小林 志好
講 師 岸本 喜直

研究内容

 先端材料や先進構造材料の力学的特性を,実験とコンピュータ・シミュレーションの両面から解明しています.

  1. 航空機の機体や自動車の車体に用いられているハニカム・サンドイッチ板(アルミ箔や紙などを蜂の巣状に貼り合わせ両面に板を接着した板)など構造材料に関する力学的特性の研究を行っています.
  2. 航空機・機体の疲労寿命向上のための研究をしています.
  3. 非破壊診断や最適化設計といった逆問題と呼ばれる分野を中心として,コンピュータ・シミュレーション技術とその応用に関する研究をしています.

社会との接点

 材料力学とは,構造物や機械が外部からの力を受けたとき,どのような変形を起こすのかということを専門的に研究する学問です.最近,地球環境の問題が強くいわれていますが,自動車などの移動体についていえば,いかに軽くて強い材料あるいは部品が提供できるかが問題解決のキーポイントになります.そのため本研究室では,軽くて強いハニカムサンドイッチ板について研究し,より有意義な構造材料の利用方法を提案しています.また,航空機・機体構造の信頼性を向上させるための研究を行っています.構造材料のさらなる機能の向上や資源節約につなげるため,現代の機械設計やメンテナンスに不可欠なコンピュータによる解析技術とその応用に関する研究も行っています.

研究室の横顔

 材料力学は,機械設計などにかかわる場合には,欠くことのできない学問であり,将来どのようなエンジニアの分野に進むにせよ,避けることのできない学問です.本研究室で材料力学を専門的に深く学び,自分だけの研究に着手することは,エンジニアとして生きていく上で,非常に意義ある第一歩といえるでしょう.