• 東京都市大学
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 都市大グループ

研究室

機械力学研究室

研究室トップ
内燃機関工学研究室 機械力学研究室
材料力学研究室 流体工学研究室
機械材料研究室 表面加工研究室
特設:中高生・受験生向け「卒業研究ピックアップ」
東京都市大学公式サイト | 研究室ガイド

研究室の特色

  • 自動車衝突時の車と
    乗員の挙動及び安全に関する研究
  • エアバッグなど自動車のセイフティ機構,
    ABSの高度化に関する研究
  • 研究開発経験が豊富な指導教員と,
    工夫された実験装置による充実した卒業研究が可能

メンバー紹介

教 授 槇 徹雄
准教授 櫻井 俊彰
准教授 杉町 敏之

研究内容

 構造物や人体などに対する衝撃応答を求める例として,現在社会問題となっている自動車衝突時の車と乗員の挙動と安全に関する研究が中心です.エアバッグ・シートベルト系の構成要素の最適設計などの研究にも取り組んでいます.また,最先端の制御理論に基づいた車両のダイナミックスとその制御に関する研究,制御に必要な油圧空圧サーボ系に関する研究,セミ・アクティブサスペンションの研究も行っております.

社会との接点

 本研究室は,機械力学と制御工学という学問分野を,特に自動車衝突時の挙動,自動車の安全・安定走行に適用することに力を入れて研究している,社会との関わりがきわめて高い研究室です.エア・バッグやチャイルドシートをはじめとした自動車のセイフティ機構に対する研究は,近年急速に高まっていますが,これらの開発の基礎研究は,新規性が高く,産学の差があまりない分野です.本研究の成果は各方面から注目を集めています.一方,事故が発生する前に車両の安全性・安定性を確保することは重要な研究課題です.試験車両の制御系設計と新車走行テスト経験が豊富な教員の指導のもと,車両のアクティブ制御の設計方法,車両の状態監視方法に関する研究も行っております.

研究室の横顔

 本研究室における研究手段は,力学理論や計算機シミュレーション,模型による実験で,特に模型による手段は本研究室で独自に開発したものです.さらに,自動車会社で使用されている汎用ソフトも導入し,研究に使用しています.また,物理モデルに則った制御系設計で欠かせない現代制御理論を教授し,制御系で有力なソフトウェアを活用して研究を進めています.所属学生は,これら恵まれた実験ノウハウや素材,豊富な実験データと現代制御理論の設計ノウハウを得ることが出来,充実した研究が可能です.

研究室紹介動画(都市大公式YouTubeチャンネルより)


取材年月:平成25年03月